兵庫県神戸市にある法律事務所です。法律相談をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
usr.default.2/nav005.png-xsiz-190-ysiz-28-vtop
usr.default.2/nav008.png-xsiz-44-ysiz-58-vtop-turnusr.default.2/nav009.png-xsiz-42-ysiz-58-vtop-turnusr.default.2/nav010.png-xsiz-45-ysiz-56-vtop-turn
 
 
 
あいおい法律事務所
ご相談予約はこちらから
 
 
あいおい法律事務所 あなたの人生を、よりあなたらしく
不当解雇・未払い賃金・残業代・その他労使問題など(労働者側)
非正規雇用が労働者数の三分の一を超え、増える負担非正規雇用(派遣労働、パート、契約社員・期間社員など)が労働者数の三分の一を超えるという状況の下、不安定雇用が広がり、また正社員も権利が不当に侵害される事態が増加しています。
また、市場万能主義、自由競争の名の下に、労働者の負担が増大し、労災や過労死、過労自殺や、うつ病等も深刻な問題となっています。
働く方々の権利擁護は極めて重要な課題です。

弁護士はあなたを代理して使用者に対し、通知、交渉、労働審判申立、訴訟などを行います。

労働トラブルは、従業員の立場が会社より弱く自分だけで主張を通すのは困難です。
労働基準法等の法律に基づいて、的確な主張を行うことが極めて大切です。
また、そのトラブルに対応した解決手段の選択も重要です。事案に応じて適切な手段を提案します。

対応するタイミングが重要です。

解雇や雇い止めをされた後で争うことは、職場復帰に様々な困難を伴います。
不安を感じたら、できるだけすぐに相談することが解決を早め、問題が現実化する前に予防することにつながります。

相談例

• 会社から解雇を言い渡されたが、解雇された理由に納得できない。
• 辞めるつもりがないのに、会社から退職を迫られている。
• 数年間働いてきたが、突然、契約の更新を拒絶された。
• 会社が残業代や退職金を支払ってくれない。
• 上司からセクハラ・パワハラを受けているが、会社が取り合ってくれない。
• 就業規則を一方的に変更され、労働条件を切り下げられた。
• 不当な配転命令や出向命令を受けたが、元の職場に戻りたい。

解決手段

交渉・示談
内容証明を発送し、弁護士が、会社の担当者と交渉を行います。示談が成立すれば、最も迅速な解決になります。
仮処分
緊急性の高い事件については、速やかに、裁判所に対し、毎月の賃金を支払え等という決定を求めて申立てます。
労働審判
労働審判は、裁判官と専門家2名が仲介をして、話し合いによる解決を図ろうとする裁判上の手続です。話し合いが成立すれば、迅速な解決が期待できます。解決までは概ね3ヶ月程度と言われています。 他方で、裁判所の提案する合意が成立しなければ、裁判所から審判という形で裁判所としての判断が下されます。
訴訟
訴訟を提起して裁判所に正当な判決を求めます。判決の言い渡しまで、おおよそ1年ないし1年半程度の期間が必要となります。ただし、判決前に、裁判所を通じて、和解を行い、労働審判と同様に、話し合いによって解決することもあります。
労災事故
労災申請を行います。
また、会社に過失があれば、示談交渉や訴訟で損害賠償金を得ることも可能です。